脊椎分離症と脊椎すべり症とはいったい何?




脊椎分離症と脊椎すべり症という症状があるのをご存知ですか?
脊椎分離症は、椎弓の一部が骨折を起こして分離した状態となります。
原因として腰に最も負担がかかるスポーツを
継続的に行うことで腰痛とストレスとに悩まされます。
そして疲労骨折を起こすと言われています。
10代に多く、過激な運動をする方に多く見られます。


そしてこの分離したものがさらに前に滑り出す症状が起こります。
これが脊椎すべり症と言います。
体を後ろにそらすことができず、
歩行姿勢は前かがみになってしまいます。
腰の激痛に加え、足の痛みやしびれ、
そして同時に坐骨神経痛を伴う恐れもあります。


脊椎すべり症を発症すると手術を要する治療になりますので、
腰に痛みがある場合は、たかが腰痛だと侮らず早めに治療しましょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。