正しい姿勢と悪い姿勢




腰痛に悩む方の多くは姿勢が悪いとされています。
腰痛を発症しないためには正しい姿勢を
キープしなければいけないのです。


正しい姿勢とは、腰に負担を掛けない姿勢なのです。
いわゆる、頭から足まで一直線に伸びた、まるで
柱が背中に通ったような立ち方のことなのです。
腹筋と背筋の力の加減が均一になり
もっとも腰に負担がかからない立ち方なのです。


正しい姿勢に比べ、悪い姿勢はたくさんあります。
まず、悪い姿勢の代表とも言われる猫背です。
猫背は、腰痛だけでなく肩凝りや頭痛を引き起こす
猫背はもっとも悪い姿勢となりますので、意識して修正しましょう。


そして腹突き出しです。
文字通り、お腹を突き出した姿勢なのですが、
背筋に過度の力が加わった状態になりますので、
腰に負担を掛けているのは
説明するまでもないでしょう。


胸突き出し姿勢は、胸を張ることは良いことでは?
と思いがちですが、張りすぎは逆効果なのです。
この姿勢も肩凝りや頭痛を引き起こす原因となりますので
胸の張りすぎには注意しましょう。


お医者さんのコルセットプレミアムの詳細はこちらからどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。